ホームへ概要スケジュール最近の試合結果写真・ビデオ問い合わせ・質問・返信・eメール
O  B HISROY
 




 昭和41年
知多地区ではトップチームとして不動の地位を築く。春の全尾張3度目の制覇
 部長 澤 正良
 監督 澤 正良

メンバー 学年
投 竹内 春夫 3
○青山 源蔵 3
一 水野 隆幸 3
二 竹内 孝厚 3
三 鈴木 康二 2
遊 新美 忍 2
左 坂野 信安 2
中 石浜 康生 3
右 永井 久壱 2
   山田 春司 3
   青山 守雄 2
   山口 敏昭 2
   早川 義宣 2
   熊沢 周逸 2
   新美 忍  2
   田村 則幸 1
   篠瀬 孝明 1
   加藤 美邦 1

チームは、やや小粒なメンバー構成となった。それでも春季知多地区大会は優勝を成し遂げた。全尾張大会は、秋は初戦で苦杯をなめさせられるものの、春は、2回戦、尾北を2対1、小牧を4対0で破り、準決勝に進出。木曽川相手の準決勝は7対6の乱打戦を制し決勝に勝ち進んだ。決勝では、半田工に接線の末、6対4で勝利。3度目の全尾張大会制覇を成し遂げている。夏の県大会は、1回戦で南山に3対2で勝利するものの、2回戦では、秋の全尾張大会で1点差の末、敗れた横須賀と対戦。しかし、ここでまた4対5の1点差で惜しくも敗れた。横須賀は隣の学校であるが、どうも相性があまりよくないようである。



■ 監督エピソード
39年夏に初めての甲子園出場を成し遂げてからは、知多地区大会で全勝優勝することは鉄則であると選手に言い聞かせました。それだけのレベルにありましたし知多地区で勝ち続けないと、有望な選手が他の学校に流れてしまうからです。実際に勝つだけにとどまらず、試合ごとに、「この試合は、シャットアウトで勝て」、「コールドで勝つこと」といった課題を与えていました。そのため、勝ったけれどもコールドできなかったために、試合後に学校まで罰としてランニングさせたことも度々ありました。



20回全尾張大会(秋)
1回戦  3-4 横須賀


第21回全尾張大会(春)
2回戦  2-1 尾北
3回戦  4-0 小牧
準決勝  7-6 木曽川
決勝   6-4 半田工


第48回愛知県大会(夏)
1回戦  3-2 南山
2回戦  4-5 横須賀



 
 
 Copyright (C) 2010 OBU high School Baseball OB All rights reserved.