ホームへOBスケジュール・現役スケジュール最近の試合結果OB他問い合わせ・質問・返信・eメール
   大府高校野球部歴代監督    大府高校野球部現役OB一覧
  大府高校野球部OB会役員     大府高校野球部OB会会則    大府高校野球部OB会会報14号 
 大府高等学校硬式野球部 歴代監督
大府高等学校  初代監督 澤 正良
プロフィール
 昭和26年の硬式野球部創設とともに監督に就任。昭和39年、55年の夏と56年の春の3回、チームを甲子園に導いた。本来は、剣道が専門で、五段の腕前。「野球部員である前に、立派な高校生であれ」を部訓とし、56年6月に監督勇退。その後教頭に昇格し61年定年退職。



エピソード
澤正良(大正15年生まれ)監督時代の大府は「反骨精神」を土台に愛知の頂点を目指し、甲子園出場を手中にした。澤先生のチーム作りは、戦国武将を思わせるものがあった。ゼロからのスタート、知恵をしぼった術策、部下(選手)統率の妙を発揮して、試合では、いつも力以上の戦いぶり。それが新しい力を生み、知多地区の天下を取り、そして愛知百数十校の頂点を極めた。
 また、社会人野球の大物や中京商の元監督滝正男先生に指導を仰ぎ選手育成法、チーム作りの基本を学んだ。
愛知の頂点にたったのは、39年夏、名だたる私学強豪が目白押しの愛知県で、創部13年で優勝した。決勝の名電工戦は、2点差を追いつき、9回サヨナラの劇的な優勝だった。優勝後のインタビューに澤先生は、感激のあまり声が出なかった、「それまでの思いが一気にこみ上げてきて、言葉にならなかった」と回想「あの優勝は神懸かりだ」とも言った。甲子園でも怒りの勝利を挙げた、初戦の相手は大阪代表の明星。前年夏の優勝校。明星側の談話の中の一言が大府の闘争心に火をつけた。「小物に足元をすくわれないよう気をつける」大府を軽い相手と見ての発言である。その夜のミーティングで澤先生は「相手は見くびってくる。スキをつけ」と指示し、見事逆転で勝利を握った。大府の勝利は、愛知県民ばかりでなく、全国のファンも驚かせるものだった。「愛知に大府あり」をしっかりとPRし、以後、「大府は公立の雄」として輝き続けている
 

  大府高等学校  元監督 折笠 義則
 プロフィール
 昭和46年大府高に入学。俊足好打の外野手として第55回愛知大会準優勝。日体大進学、卒業と同時に大府校に赴任。野球部長として、昭和55年夏、56年春と甲子園に導く。56年6月監督就任、翌年明治神宮大会初出場し準優勝。
現大府高校校長。
 
 エピソード
澤監督の意思を引き継いでの監督就任であった。
 特に56年秋の県大会では、決勝リーグで敗退したが、明治神宮大会中部地区予選では、名門県立岐阜商業を6対5で破り明治神宮大会に進んだ。
 明治神宮大会では、練習中のけが人、現地へ行っての病人が続出し、満身創痍の状態で試合を行ったが、決勝戦では、明徳義塾高校に1対3で惜敗したものの「大府」の名を全国に残した。
 当時を振り返り折笠先生は、、大府高校に入部してくる選手で走攻守そろった高い資質を持った選手は、いなかった。技術的に言えば、いいところはあるが走攻守のいずれかが足りない。そのような状況で甲子園に出場出来たのは、1日も休まず行った練習、野球バカにせず、文武両道を目指したことなど、困難なことや逆境に打ち勝つ精神力と実行力が夢への実現に繋がったと語った。 
 


 大府高等学校  元監督 馬場 茂
 プロフィール
昭和38年8月15日生まれ、神奈川県出身。捕手として55年夏、56年春は、槙原投手(元巨人軍投手)とバッテリーを組み二度甲子園に出場した。筑波大に進学し2年からレギュラー。高校大学と主将を務めた。61年卒業と同時に母校に保健体育教諭で赴任、61年4月監督就任。平成5年から3年連続でチームを春の甲子園に導き、平成7年には、校歌も歌った。元阪神タイガースの赤星氏は教え子。平成19年4月、現場での指導を望みながらも県教委に移動。21年務めた監督を退いた。

 「伸びる選手」
①素直で謙虚である。  ②何事にも言い訳しない辛抱強さがある。
③強くなりたいという覇気、向上心が旺盛である。  ④地味なことでもやり続ける根気強さがある。
⑤研究・工夫を怠らない ⑥感性が豊かである⑦野球をやらせていただくという感謝の気持ちがある。
⑧基本的な生活習慣がしっかりしている        
馬場先生が残していった言葉である。
 エピソード
馬場先生のチーム作りは、好投手育成を基本目標にしている。
体力と練習量では私学に及ばない。打ちあったら勝ち目はない。投手を中心にした守りで活路を見出したいとの考えである。3年連続甲子園出場の投手は、5年、宮川修、6年、浜島聡、7年、花井寛敬と次々本格派エースが育った。
3人とも地元大府市内の中学出身。大府高、そして馬場先生を慕って入学してきた。
 投手は自分で考え、自分に厳しい性格でないと伸びないが馬場先生の持論。恩師澤先生の教えを引き継ぐ。細々とした指示はしない。自主性を重んじた練習で、3人とも目を見張るほど力をつけた。試合では「打たれてもいい、点を与えない投手になれ」と注文をつけた。そのせいか、馬場先生の野球は豪快さはない。粘り抜いた末に勝つパターンの試合が多い。それが大府野球の伝統である。
 また、私学が少数精鋭の傾向にある中、入部を拒まなかったのが、馬場先生の考え。「公立でも大府なら甲子園に行ける」と考える野球少年、そして父母の夢を熟慮している。
 


大府高等学校  元監督 竹前 俊宏
 プロフィール
昭和36年10月17日生まれ、愛知県出身。強肩強打の外野手として、3年夏は県ベスト8。腰を痛めていたことことから、日体大ではアーチェリー部に所属。卒業後、保健体育教諭として、夜間定時制高、西春高で陸上競技部、ハンドボール部などの顧問を担当、安城農林で4年間の野球部監督をへて、平成14年大府高に赴任と同時に部長に就任。平成19年から監督を務め、20年、夏は28年ぶりとなる甲子園出場に導いた。

 エピソード
竹前先生の野球の根底にあろものは、人間的成長を目的として、「周囲に認められて野球をやらせていただく」というスタンスを大切にしている。その一環ともいえるのが、竹前先生の監督就任後から取り入れているオフの日の朝(毎週月曜日)のトイレ掃除。学校内の全てのトイレを分担して行っている。きっかけは、竹前先生の前任校での体験。教員トイレを磨いて勉強する「便教会」という会があり、しぶしぶ参加したところ、裸足、素手で2~3時間かけて便器から床まで磨き、最後は水滴まで全部取る作業を終えるころには、心が磨かれるような何とも言えない感覚を味わった。その感覚を伝えたくて取り入れたという。
実際、選手達も、「最初は嫌でしょうがなかったけれど、やって見たら感動した」と、好反応。「また40分間修行しましょう。自分の心を磨いて下さい」という掛け声のした黙々と取り組んでいる。「トイレの汚い学校に野球の強い学校はない」が竹前先生の持論。この地道な取り組みが、「見る人を感動させる気持ちの良い野球」竹前野球の基礎となっている。

大府高等学校  監督 野田 雄仁


 Copyright (C) 2013 OBU high School Baseball OB All rights reserved.