ホームへ概要OBスケジュール・現役スケジュール最近の試合結果写真・ビデオOB他問い合わせ・質問・返信・eメール




小山雄輝投手(平成18年卒 大府-天理大)巨人4位指名


平成22年10月28日プロ野球のドラフト(新人選択)会議が東京都内のホテルで行われ、小山投手(大府高-天理大)は巨人から4巡目に指名されました。
 プロ入りになれば、大府高校からは、元阪神赤星氏以来五人目、天理大学からは初のプロ野球選手になる。


馬場茂大府高校前監督は、
「一年生の時、自信を失い投手を辞めたいと言ってきたことを思い出します 崎尾さんの教えのとおり味方のミスも笑顔で許す信頼の厚い投手でした 指名は将来性を買われたのだと思います。これからが試されるときだと思います ケガに十分注意して身体を鍛えてほしいです。」と激励した。

 
 大府高校時代
 
 天理大学時代

プロフィール
 小山 雄輝(こやま ゆうき)投手 知多市出身
大府高校時代は1年秋からベンチ入りし2年秋に県大会優勝。
3年夏は県3回戦敗退。甲子園出場経験は無し。

天理大では2年春にリーグ戦初出場を果たすも不安定な投球で1回4失点。
結果を残せず一時は遊撃手に転向する。
その後同年夏に就任した中村良ニ監督(元近鉄)の指示で投手に戻り球筋を安定させる
ため上半身主導の投球フォーム修正に着手、以後着実に成績を伸ばす。

3年春は抑えとして一部復帰に貢献、入替戦では先発し姫路独協大を4安打無四球完封。 3年秋に一部リーグ初勝利、先発2番手として2勝、防御率1.66。 4年春はエースとして10試合7完投、70回を投げ4勝(3完封)防御率1.04の好成績で 初のベストナインに輝きリーグを代表する投手へと成長した。

体格は高校時代(182cm68kg)から一回り大きくなり現在187cm77kg。 手足の長い長身細身の右オーバースロー。 ノーワインドアップから最速149㌔の伸びのある直球とカーブ、スライダー。決め球にフォーク。
50m6秒0の俊足を備える。

4年春の関西国際大戦には日米12球団スカウトが集結、 秋には阪神のリストアップが報道されていた


Copyright (C) 2010 OBU high School Baseball OB All rights reserved